白内障手術

白内障
白内障とは、加齢などにより水晶体が濁る病気で、白髪と同じように、誰にでも発症する疾患です。誰にでも発症するだけに、その程度が重要で、見え方などに支障が生じる場合は手術により治療します。
症状
  • 見にくい
  • 白くかすんで見える
  • 二重に見える
手術内容

当院では、全例、日帰りで手術を行っています。
  • 当院では全例日帰り手術で行っています。
    実際に手術をしている時間は10分程度です。
  • 切開創は、およそ2.5mmと小さく、感染症が起こりにくく、無縫合の経結膜一面切開を行っています。
  • 眼内レンズは、感染が起こりにくい、インジェクターを使用して挿入しています。

①正常の水晶体
②白内障の水晶体
③切開傷を作り、水晶体の前嚢に穴をあける。
④水晶体の外側の薄皮(嚢)を残して、水晶体(黄色)を切開創から吸い取る。
⑤眼内レンズを挿入する。



 

硝子体手術

硝子体(しょうしたい)
硝子体とは眼球の中を満たしているゼリー状の組織です。この硝子体が炎症や出血などにより混濁したり、網膜を牽引すると、様々な疾患を引き起こす原因となります。
硝子体が原因で引き起こされる病気:黄斑前膜、黄斑円孔、硝子体出血、硝子体混濁、糖尿病網膜症、網膜剥離
手術内容
白目の部分に小さな穴を3ヵ所開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りや膜を硝子体と共に取り除いたり、網膜にできた網膜裂孔を治します。手術終了時に眼内を水・空気・ガス・シリコーンオイルのいずれかに置き換えます。